自衛隊は合憲といいながら、自衛隊のリクルートに反対する人は、卑怯者です。合憲なら、まず、あなたが入隊しなさい

自衛隊は合憲といいながら、自衛隊のリクルートに反対する人は、卑怯者です。合憲なら、まず、あなたが入隊しなさい。
私はずっと自衛隊は違憲論者です。
他国が攻めてきたら、という疑心暗鬼のために「憲法の条文」の意味を変えてはいけない。

第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

この条文からいったい、どこから自衛隊は合憲と導き出すことができるのか?
できるとすれば、それは詐欺師です。

さらに、新解釈として、自衛隊は第13条に照らして合憲だと無理やりな解釈すらするものもいる。

第十三条  すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

確かに、国家は他国の侵略に対し、国民を守る義務が社会契約上、発生し、そのための軍隊の必要性が発生するが、それは、そのような軍を定める法の存在を欠いていれば、無効ではないか。

自衛隊は違憲。

まだ、社会党が存在していたころは、「革新勢力」は、みな、自衛隊は違憲、という立場を主張し、その主張に、自民党は「戦力」を「専守防衛の実力」といい変える詐欺的答弁を繰り返していたものです。

現在のリベラルを僭称し、第9条を守る、と言っているものでさえ、自衛隊は合憲である、と主張している馬鹿ものは過去の自民党の主張を無自覚に唱えている大馬鹿野郎のすっとこどっこいです。

繰り返して言う、自衛隊は違憲である。

もし、自衛権が日本国憲法に存在するならば(僕は存在しないと見ています)、主権者であるわれわれ人民が武器を持ち他国の侵略に対し、自分で戦わなければ「自衛権」とは言えない。

つまり、主権が国民にあれば、自衛隊という違憲もしくは曖昧な集団にその「権利」を行使させるのは、国民から自衛権の剥奪であり、その剥奪に対してわれわれ国民は抗議しなければいけない。

自衛隊は合憲だが、自衛隊のリクルーㇳを極端に毛嫌う人は国民が武器を持ち自衛権を行使するという自覚がない。自衛隊に専守防衛を行わせるのは、国民が「自衛隊」をどう扱うかを決めてからでないと、合憲もリクルートに毛嫌うもない。

だが、国民が自衛隊をどう扱うかなどより、すでに日本国憲法第9条を読め。

明らかに自衛隊はこの条文に反した組織だ。

自衛隊は違憲である、違憲だと強く言えるものこそ、自衛隊のリクルートを批判できる。

そして自衛隊に入隊するものは就職差別に会い仕方なく入るものもいるのだ。

自衛隊を合憲と言いながら、なぜ、自衛隊のリクルートを嫌がっているのか?、矛盾に気づくことすらできないブルジョア左翼のへぼ野郎が。

他国からの侵略に対しては、自ら、武器を手に取り立ちあがる、それが当然だ。
他人事のように、自衛隊に出動してもらう、だとか、あまつさえ、米軍にも出動要請などとほざく奴は、主権在民の意味を理解していない。
自衛隊に出動してもらう?自衛隊は国民の「傭兵」か?
日本人は、いったいどこまで、無責任な馬鹿民族になったのか?
他国からの侵略があったら自分で闘え。以上。

 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村
 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中