僕から見ると、安倍を「反知性」とか「劣化」と言っている側もそうです

僕から見ると、安倍を「反知性」とか「劣化」と言っている側もそうです。
もしそうでないならば、安倍政権はこうも続きません。
われわれは、安倍政権に「敗北」している。
そのことを「否認」した上での「安倍政権打倒」という呼びかけはまた、新たな「全体主義」へ転じる可能性もある。
どうも、いまだに安倍政権さえ倒せば、日本がよくなると思っている人は「重症」です。まったく見えていません。
安倍が知性あるかどうかなど、些細な問題である。
だったら「知的」な「ファシスト」ムッソリーニは許されるのか?
知的なヘンリー・キッシンジャーは許されるのか?
安倍政権が知的かどうかなどまったくどうでもいい問題だ。
問題は、知的でないと学者が糾弾する「安倍政権」がなぜ、こうも日本で支持され、影響をもつのか、だ。
その問いこそが「知的」だ。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中