安保法制が廃案されようが、安倍自民党は必ず戦争を遂行するであろう

僕のような人間から見ると安保法制可決から今までの与党と野党の「出来レース的な争い」は、国民から国内問題を、安保法制を出汁にして、考えさえない争いとしか見えない。
つまり、安保法制は、群衆にはなったネタ、これで戯れていろ、ぼけ、ということだ。
そして政府から見れば、安保法制があろうがなかろうが膨張主義の意志は遂行されるので、反対されても、戦争は行うだろうし、法が廃案にならなければそれはそれで戦争を遂行する。
廃案されても安倍自民党は、必ず、戦争を行うだろう。

安倍晋三は、「狂気」であるからだ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中