問題は、反安倍の内面が新自由主義化してしまったので、安倍が、なぜか、妙な社民政策を行いだした

問題は、反安倍の内面が新自由主義化してしまったので、安倍が、なぜか、妙な社民政策を行いだした。低所得層の高齢者に3万円の効果がむしろ、日本共産党の独自候補をおろさせた、最大の原因である。
なぜなら、日本共産党の支持者は、高齢者であるからだ。候補をさげた、もう安倍政権は、日本共産党をつぶしにかかってきた。もう、国会で選出され、安倍にきゃんきゃんいう議員は消えていく。
むしろ、候補の引き下げこそが、安倍政権が日本共産党をつぶすのか、取り込みを図るのか、どちらでもできる力を得てしまった。
候補を下げて、一番うれしいのは、安倍だ。
なぜなら、うるさい議員が国会議員に選ばれる可能性が薄まる。
安倍政権の日本共産党は破防法適用発言は、以上のような前提を踏まえ、つぶしにかかってきたのではないか。
なぜ、野党共闘支持者が日本共産党の候補を下げたことを糠喜びするのかわからない。
単純に素朴な疑問で、日本共産党が候補をさげる、が、なぜ、自公政権に対して脅威なのか。そこがよくわからない。
野党共闘で独自候補をさげることに拍手喝さいをする有権者は、単にその日本共産党の行為が「浪花節」「自己犠牲の美学」だから、喝采するだけで、戦略的に語っていないでしょう? 違いますか?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中