実物経済だから「軍需産業」なんでしょ?

実物経済だから「軍需産業」なんでしょ?
金融経済と実物経済を対立させて、いかにも「実物経済」=「もの作り」が「堅実」だというのは、無知なる誤解だな。
「実物経済」のヘゲモニーを握る「産業資本」はまず「金融資本」からカネを借り、資本の費用である労働力である可変資本vと機械や原料などの不変資本cを買い、vとcにより、剰余価値mを作る。
だから実物であれば、堅実というのは、誤解どころか、経営を知らないでしょ?
出発点は、金融からカネ借りるだ。
そこを見落として、実物なら堅実成長だというのは、馬鹿げた妄想だ。
今まで投機経済による数字の操作に嫌気がさした、「実直」であるらしい「堅実」でありたい「日本人」というフィクショナルな主体が、実物経済=堅実という資本を理解しない、願望をまくしたてる。
実物経済による生産増強の結果、在庫過剰が、投機というマネーゲームでしか、資本を延命できない事態に陥らせた。
実物経済が堅実であるわけがない証拠は在庫だ。常にそれは過剰という恐慌へ切り開く原因を仕掛けてある。
実物経済が堅実だと言いたいのは、それはあんたが、単に高度経済成長に生きたたまたまに遭遇した経済音痴の「じじい」だからだ。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中