日本の自称左派は、権力に遠慮しすぎですよね

日本の自称左派は、権力に遠慮しすぎですよね。
僕は関西生コンにもそれを感じたんですよ。
日本共産党から、中核派、革マル、関西生コンも、確かに「権力に敵対的に見える」がその本質は、日本、を愛してやまないから、権力に遠慮する。
だから「反米左翼」です、「反米左翼」の本質は「右翼社民党」である。
その遠慮が、いまや安倍政権へと至った。
日本の政治のダメは、自称リベラルがいうような右派の台頭ではない、本質は自身が霞が関的なエリート価値観を捨てきれない日本共産党、その価値観の出汁がらを無自覚に受け入れている諸セクトほか関西生コンをはじめとした左派の失墜である。
彼らは無論、私に反論するであろう。
われわれは闘ってきたのだ、と。
だが、闘ってきた、のは、君らが好き勝手に行ってきただけのことであり、なんら庶民には関係ない。
庶民はそのような自称闘ってきただのいう欺瞞のレジスタンスを軽蔑する。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中