っていうか、野党共闘しても、自公政権に勝てるかどうかも疑わしいでしょ?

っていうか、野党共闘しても、自公政権に勝てるかどうかも疑わしい。野田の小沢批判なんて、些末の現象。
問題の本質は、野党共闘しても、自公政権に選挙で勝てるか、怪しい、ということであり、野党共闘側が、共闘すれば、このように選挙で勝てる、というシュミレーションも立てられず、また選挙で勝てるその決定的な根拠も示すことができない「戦略性の不在」である。それが問題の本質だ。
その「戦略性の不在」は、所詮、選挙に行こう、という役人程度並みの政治スローガンの連発で終始し、その病例は、大阪ダブル選挙敗北、という事実により決定的に示された。
そして、あろうことか、いまだ「政策」が樹立せず、単なる一体化高揚感情だけの安倍政治を許さない、というまったく意味がない政治スローガンで終始する野党に、勝てると思えるほうが、不合理である。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中