事実は、敵味方志向を明快に言いだしたのは左翼です

事実は、敵味方志向を明快に言いだしたのは左翼です。
僕はこういう見方をします。
戦後日本共産党は所感派が「穏健派」の宮本顕次から追い出された以降の右翼社民党のスタイルが日本左翼のスタイルになってしまった。そこにハトからニワトリへの総評の社会主義協会の向坂のエリート主義的左翼が加わる。
そして、実は右翼社民党のスタイルに過ぎない日本共産党の「左翼」スタイルは、その後、各セクトに受け継がれ、その各セクトととも兄弟喧嘩をする。
そしてそのスタイルは在特会にも受け継がれる。
なぜ、自称左翼が在特会を目のように敵にするのか、あの行進、あのコールが「左翼」だからです。
つまり左翼のくさいものにはふたをせよが中指立てる、です。
そして、右翼社民党のスタイルは一番やってほしい人が今やって居ます。
安倍首相です。
みなさい。安倍晋三の敵味方志向という「左翼」ぶりを。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中