今さら、がんばろう、しか言えない労組はもう終わっている

根本的に現在の労組はいまだに産業資本型タイプで思考している。
現在の日本の産業構造は金融資本が主軸を握り、商業資本が周縁的労働者を細切れに酷使する。
周縁的労働者は、産業資本の「労働者階級」ではない。
産業資本がヘゲモニーを握っている時期は出来レースの「労使交渉」や「階級闘争」はいくらでも行なわれる。
だが、「産業資本」が資本のヘゲモニーから降りると、金融資本がその産業資本を傘下に収め、出来レースの「階級闘争」は封印されてしまう。
いまさら、がんばろう、ではない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中