実は日本共産党にもっとも親和性が高いのは公明党ですね

日本共産党と公明党で低所職層の分捕りあいをしていてはいけない。

実は日本共産党にもっとも親和性が高いのは公明党ですね。リアルに考えれば、学会員の反乱が公明党を変え、その公明党と日本共産党の共闘こそが、安倍政権打倒どころか、日本を変えてしまう。
っていうかね、日本共産党と公明党が共闘することの利点は非常に大きい。

まず、新興宗教の動きを止めてしまうことだ。

創価学会員が、弱きものの味方だということを日本共産党と組んだ公明党とともにアピールすれば日本会議など、木っ端みじんだ。

この路線を明確にすれば日本の自称左翼も運動で自己実現なんちゅうあほはしなくなる。
天皇担ぐ共産主義より、池田大作と手を組む共産主義者のほうがまだましだ。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中