日本共産党の不愉快な物言いもまた野党共闘の壁である

民主党も民主党だが、日本共産党の不愉快な物言いもまた野党共闘の壁である。

僕は日本共産党の野党共闘それ自体、否定しないが、なぜ、不愉快に見えるのか、というとあからさまな「戦術」(安保法制可決後、即座に国民連合政府案発表とか)、民主党に提案しておきながら「共産党アレルギー」を持たないでくださいね、というその社畜サラリーマンのような物言いが私のようなブルーカラーは、日本共産党は正直ではない、と不愉快にさせる。

彼らにあるのは出来合いの「戦術」しかなく、「政策」「ヴィジョン」はない。

彼らにあるのは安倍を倒す、というスローガンだけしかなく、「政策」「ヴィジョン」はない。

日本の野党は「バーニー・サンダース」から比べてあまりにも「幼稚」だ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中