現在の抵抗派人民が真剣に考えなければいけない問題は右翼の台頭ではない、左翼の失墜である

現在の抵抗派人民が真剣に考えなければいけない問題は右翼の台頭ではない。そんなもんむかしからいつもバイオレンスであり、いまはむしろおとなしいのだ。だが、国家の要人が右翼化しており、そこは問題視すべきだが、とはいっても大企業の利益を所詮、優遇しなければならない腐敗したブルジョアが安倍晋三の本性でしかなく、それはそもそも自民党はそうであり、それが公然と露骨になってきたのは規制する側の力の衰退だ。
そうである。
左翼の失墜こそが抵抗する人民が真剣に考えなければいけない問題であり、がんばろう、で済む問題ではない。
現在、多くの自称左翼もリベラルも安倍政権を馬鹿にすることで現実の危機から目を背けている。
現実の危機とは、抵抗する側の政治勢力があまりにも無残に弱いのだ。いったい、ママやSEALD’Sや山口二郎や中野晃一で勝てる、など現実否認の最たるものだ。
いまこそ求めるべきは、闘う職業政治家であり、政策はポデモス型左翼である。
だが、日本は、ママやSEALD’Sや山口二郎や中野晃一や旧左翼や連合や日本共産党といった頑迷固陋な存在が日本のポデモス型左翼を台頭できないようにさせられている。
日本は抵抗する政治勢力さえ、人民に抑圧的な、暗い社会である。


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中