なぜ、私が政策を超えて、という日本共産党を批判するのか

なぜ、私が政策を超えて、という日本共産党を批判するのか、政策を超えてしまったら、それは政党政治の終わりではないか。自分で自分を殺してどうするのだ?
現在、もっとも現実的な「野党共闘」は、民主、生活、共産、社民の政策のすり合わせ、統一要求である。
これらの党に政策の違いなどない。
基本線は格差是正、貧困対策、雇用の安定、大企業優遇反対、消費税上昇阻止、改憲阻止、安保法法制反対、で十分だ。
政策という内容もないのに。共闘、という小手先の戦術が先に走ってしまうところが高学歴左翼の頭でっかちの欠点である。これでは広範な人民はその嘘を見抜く。
まずは政策の統一要求だ。
市民連合だとかSEALD’sというお遊びはもういい。
今すべきことは、闘う政治の実践だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中