自衛隊合憲のコンセンサスを得ること、が安保法制という猫だましの正体

なぜ、集団か個別であるかに議論が収れん化するのは自衛隊を合憲とみるからであるからだ。

その自衛隊合憲のコンセンサスを得ること、が安保法制という猫だましの正体ですよ。自衛隊合憲のコンセンサスを得たら、一挙に個別的自衛権の発動要件緩和まで進む。日本共産党も尖閣は日本の領土だと主張している、彼らもその領土戦争の際、自衛隊の出動を要請します。事実、志位委員長は国民連合政府が実現したら自衛隊の出動、米軍要請を急迫不正の事態には当然視している。そもそも戦争をしたければ、安保法制だとか集団的自衛権という猫だましはいらない、周辺事態法だとか一連の法律を改正すればいいが、世論の反発を抑えるために集団的自衛権というアメリカのいいなり、世界への貢献を仮装することで、またもや国民を欺くのがいつもの自民党の手口である。

自衛隊は違憲を強く言うことしか日本の戦争を止める最善策はない

意地悪く見れば、安保法制という猫だましを見せれば、日本共産党が「戦争反対」というスローガンを掲げて、国内政治の一切の矛盾を隠してれる、と官僚は踏んだから、安保法制ともいえる。

安保法制も集団的自衛権も自衛隊もアメリカも必要としていないのだ。


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中