立憲主義もまた、憲法政治以前は、政策として存在していた

立憲主義もまた、憲法政治以前は、政策として存在していた。それが日本の明治初期である。政策を超えて、立憲主義を守ろう、というのは、憲法政治を求めた明治初期の人民に対して失礼だ。立憲主義は「政策」として生まれたんだよ。国の「アイデンティティ」として生まれたわけではない。
その「立憲主義」を普遍として人類が決めただけだ。
志位委員長が立憲主義は国の根幹だという間違った意見を述べるから対照的に自民党は憲法は国の在り方を決める、という対になる。
これが自民と日本共産党の出来レース状態だが、本人たちはそれを無意識に行っている。
憲法は国家の基本法でしかなく、英国には憲法すらない。
立憲主義は国の根幹ではない。
それはあくまで政治上の法の技術だ。
志位委員長も立憲主義をわかっていないと僕は見ていますね。


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中