現在の「理論不在の右翼」に魅力を感じるのは、単なるヤンキー

私はイデオロギー的にものを見ないので、別に右翼だからということで、そう簡単に拒否しないが、私の興味があるところは、現在の右翼を支える「理論」はなにか、ということだ。
郷土や国を愛するくらいなら、地方の商工会議所から、学校の教師、地主、使用者、こども、まあ、誰でも言っているから、誇って、「郷土や国を愛する」を述べるのは、恥ずかしいでしょう?
いちおう、右翼思想家を自称するなら、その思想を支える「理論」が必要だ。
その「理論」はなに?
単に好き嫌いなら、女子高生と変わりない、と私は考える。
日本、好き♡というレベルが現在の日本の自称右翼だから、相手にもしたくないですよね?
時間の無駄ですよね?
現在の「理論不在の右翼」に魅力を感じるのは、単なるヤンキー、だ。
ちなみに天皇がいるからナショナリズムが日本に生まれたのではない。
沖縄は米軍の占領が終わった1972年当時、沖縄は独立ではなく、日本への復帰を望んだ。
沖縄の人が天皇を敬う必要性はないですからね。
もともと別の国家ですから。
では、なぜ、沖縄が日本への復帰を望んだのか、それが「ナショナリズム」の力だ。その力に天皇がいてもいなくても働く。
日本の右翼が天皇を敬おうが、それは一部国民の宗教でしかない。
天皇は憲法では象徴だが、一部国民の「宗教の聖者」でしかない。
そのようなものを敬うしかない日本の右翼は「理論」を作成できなければ、近い将来、滅びる。


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中