非正規拡大の原因に日本共産党の方針の「一面共存一面共闘」にもあるのである

非正規拡大とブラック企業拡大は、原因は日経連の新時代の日本型経営と中曽根以降の労組潰しと、そもそも中小企業に対して一面共存一面共闘という何をしたいのかわからない日本共産党のアプローチが絡み合い、アルバイトを蔑視してきた正社員クラブの労組が輪をかけてさらに災害を拡大させた、としか、非正規の私にはそういう風にしか見えないんですがね。

なぜ、大企業には見かけ上、内部留保だとかうるさい日本共産党が、中小企業には「一面共存一面共闘」という方針を立てたのか、

それは、選挙のため

さらに

企業内労組もまた労組である、と日本共産党は認めているのだ。

さらに日本共産党は権力と一緒になり、関西生コン労組を弾圧している。

こういう事実を知れば、いったい、なぜ、日本共産党を人民のひとりである私が支持できるのか?

馬鹿らしい。


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中