現在進行する野党共闘もまた小沢一郎の政界再編劇といういつもの風景でしかない

小沢一郎主導による政治再編は、戦術が先にあるから、それは、基本的に、主権者のわれわれを軽蔑している。
現在、大衆が喜んでいるアベ政治を許さないの野党共闘の中身は小沢一郎の政界政変劇そして、最後の左派政党・日本共産党の解体劇である。
小沢は、国家主義的に社民政策を現段階で述べているに過ぎず、過去は新進党という今の維新のような自民党内閣を相対的に批判する政党の党首であり、それもまた、当時の情勢においての政治的戦略判断でしかなく、そのような戦略が先にあるような政治家にわれわれは政治を任せていいのだろうか。
確かに国家主義的な観点から見れば、小沢一郎は理論をたてられる日本では稀有の政治家であるので、その点から見れば正しい。
だが、国家とは、特に民主主義は、主権者である人民との契約に基づく政治制度である。
その視点から見れば、単に理論はたてられるが、情勢において、政策を変えるような政治家にわれわれの民主主義を託していいのだろうか。だが、小沢の政治信念は、単なる田中金権政治でしかない。


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中