日本会議のような組織を母体にしなければならない程度に自民党は追い込まれているのだ

日本会議のような組織を母体にしなければならない程度に自民党は追い込まれているのだ。
もう自民党の支持基盤はがたがたなのだ。
公明党に対する学会員の離反感情が拡大し
TPP問題で怒る地方の農協の反乱こそが自民党を自動的に瓦解へ追い込む。
決して、「都会の小ブルジョアジーの平和団体」ではない。
むしろ、この小ブルジョアジーの「平和団体」にくすぶる「愛国感情」「セクト」への敵視が、安倍朴不可逆合意を契機に安倍評価にもつながり、「在特会」さえ支持しなければ安倍でもいいとか言い出しかねないくらいの脆弱さが「都会の小ブルジョアジーの平和団体」の本質である。
「都会の小ブルジョアジーの平和団体」もまた排除原理に基づいて動いているように私には見える。この「都会の小ブルジョアジーの平和団体」がさらなる排除原理(デモにいかない奴はダメだ、が発展すると)がさらなる「日本社会の右傾化」を促進しかねない危険性がある。
ともに加担するのは我々にとって懸命でもない。


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中