日本人もアメリカ人のようにストレートに建前を言えばいいと僕は考えますね

日本人もアメリカ人のようにストレートに建前を言えばいいと僕は考えますね。多くの日本人がその建前に抱く「反発」は、それが「本心」であるわけがない、という妙な感情からくるけど、言った言葉が「本心」であろうが「建前」だろうが、なんら、関係のないことである。「本心」でなければ嘘だと言いたがる日本人の妙な疑心が、議論を混乱させ、よけい、周囲からこいつ、エイリアンなんじゃね、ということになってしまう。
問題は相手の矛盾を問う、ということであり、本心であるか建前などどうでもいい。いまいち、よくわからないのが「真意」という言葉で、よく不気味な日本人が「君は彼の真意を理解していない」とかいうが、ということは、言った以外にほかに意味を隠しているのか、と私は、さらに不気味に思うだけである。
仮にアメリカの本心が、戦争拡大、ということを彼らから言われたとしても、もうわかっていることではないか。
言葉とは、建前を言うために存在する、とまで過言してよい。
腹わって話して、いったい何が得られるのか、よくわからない(笑)


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中