安倍首相自身は靖国参拝には煮え切らない態度にそもそもこの首相はネトウヨ界隈にも疑われていた

だいたい、安倍首相自身は靖国参拝には煮え切らない態度にそもそもこの首相はネトウヨ界隈にも疑われていた。
国内安定秩序を行いたければ、靖国参拝、少女像の前に膝まずいて花を手向ける、だ。
だが、この首相は、靖国参拝は煮え切らない代わりに永遠のゼロでごまかし、少女像の撤去を10億の賠償で恫喝する。これは国内危機、分裂を必ずもたらす。実際、現在の政治状況はそうなってきた。
私が述べているのは支配の原則だ。

このような支配原則、政治的マキャベリすらしない安倍晋三が独裁者であるわけがない。

単なる、「社畜」である。

安倍晋三も少女像の前に行き、花を手向けるとか涙を流すとか、フツー、政治家なら、やるだろ。それが「狡猾な政治」だろ?

 


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中