なぜ、アメリカの圧力で、日韓の不可逆的合意に至るという結論になるのかが、私にはよくわからない

なぜ、アメリカの圧力で、日韓の不可逆的合意に至るという結論になるのかが、私にはよくわからない。むしろ、アメリカは担保を預ける、と日本政府から宣言されて、迷惑ではないのか。
アメリカからしてみたら、日本政府による今までの慰安婦問題への出鱈目な対応や侮辱発言は、アメリカ政府として、普遍的な人権上の観点から批判だけすればいい問題でしかなく、むしろ、それをアメリカは行うことにより、民主主義の建前を示すから、やらないわけにはいかないだけで、別に圧力でもなんでもなく、御約束でしょうね。また、おバカ日本政府の発言か国内ならいざ知らず、歴史に関する問題だから、一発、言っておこう、と。それだけでしょ。
それが日本に対する圧力として、保守のみならず、リベラルまで受け止めてしまうのは、日本のリベラルは、やはり、自称のリベラルでしかないナショナリストを捨てきれない感性を持ち合わせた「国民なめんな」タイプだとわかり、辟易する。
日本車のアメリカへの輸出量が多く、アメリカから日本への輸出台数とのバランスが悪く、アメリカが貿易上、マイナスなら圧力をかけるかもしれないし、実際そうだったのだが、なんで、慰安婦問題という、日本の敗戦後未処理問題でしかもなおかつアメリカ人が慰安婦にさせられたということもないのにアメリカが圧力かけるのか、全く俺には理解できない。
アメリカが日韓不可逆合意にするよう安倍政権に圧力、もしくは朴大統領も含めて圧力かけて一体、なにか、アメリカが得るものはあるのだろうか、と私は考えるんですが?
私はアメリカの擁護をしているわけでもなんでもなく、常識的に考えて、この慰安婦問題でなぜ、アメリカが圧力をかけるのか、というか、自民党政府のパイプはジャパン・ハンドラーだけでしょうに(笑)
そう考えると、声高にアメリカの圧力、圧力と騒ぐ人はいったい何?とか私は不思議に見えるのである。

 


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中