で、安倍、ところでなにしたいんや、慰安婦問題について、河野談話でもう日本側は姿勢を示してるぞ

河野談話で慰安婦問題の救済や日本側の姿勢、そして日本軍の関与を明記しているのに、なぜまた、最終解決がいるのか。よくわからない、謎の思考だ。
尖閣は棚上げの田中角栄にケチつける。
湾岸戦争の海部の自衛隊派遣しないにケチつける。
要は、ケチつけたいだけ。
新しい国を作りたい、と。
だが、地雷踏んでるよ、安倍ちゃんww
岸田が日本軍の関与を認めたと大騒ぎなネトウヨ界隈ですが、すでに河野談話で認めているじゃん、なにしたいのか、安倍政権w
でな、従軍慰安婦問題は河野談話に従っていれば何の問題もないのに、安倍ほかバカ「若手」は、いたずらにこの河野談話を否定しようとして、結果、似たようなものばかりか最悪な姿勢を作った。なにが10億で解決じゃ、ぼけ。
韓国が蒸し返しただの10億で解決だの、脅迫してるのか、くらいのやくざまがいの外交だ
蒸し返したのは、安倍、あんたでしょwwww
アメリカに担保も意味わからんですよね。アメリカから見たら、なぜ、こっちにその問題を「振るの?」って感じ。
こういう安倍の姿勢を「若気の至り」いや、「馬鹿気の至り」というんですかね。
この安倍の姿勢と最近の「反体制」も姿勢が似ている。
どうしてもあたらしい反体制を作りたい、と。そして過去の左翼の言葉も使いたくない、中核なんて見るのもいや、だが、
それはね、
安倍と同じで
馬鹿気の至りじゃww


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中