どうして「国民連合政府」に期待できるのか、私には不気味である

なぜ、今まで頑なに政策重視を言い訳に「野党共闘」を拒んできた志位日本共産党が、今さらの出来レースの国民連合政府案というなんら有効ではないというか何を目指しているのか全く分からない政治案を提案してきたのか、不気味である。
これもまた日本の景気低迷、安保法制で戦争にとられるかもしれないという恐怖感がないまぜになったパニック心理の症例である。
ところで、なぜ、その自称リベラルのあなたはこの国民連合政府に希望を見出したのか、なぜ?
私はそこがまったくわからない。
というのは、政策はないんだよ。
主張は、安倍政権は日本にとって危険だから国民一致団結して闘おう、というそれだけの、まったく、それだけの「政策なき」運動が国民連合政府である。
その失敗例はすでにわれわれは見たではないか。
橋下が危険だから、大阪市民は一致団結して、自民とともに闘おう、というこれまたなんら政策がない運動であり、当然、こんな誰が見ても自民党からみてもなぜ、自民と共産がくっつくの?というまったく素朴な市民の声を聞かず、いうことには「橋下は危険ですう」しか言わないばかばかしい政党に市民が石投げたくなるのはわかる。そして自民党支持者は「柔軟」に考え、維新に投票してその結果、維新の勝利に終わるという八百長劇でさえない三文芝居に終わった。
さらにこの大阪選挙中、日本共産党の代表である「市民派スターリニスト」志位和夫は大学で講演という名のオルグ活動を懸命に行っていたのである。ホント、ばかばかしいと思いませんか。
この大阪選挙の敗退をうけて、日本共産党は、真摯に反省して出発するのかと思いきや、いまだ、橋下批難(批判ではなく批難レベル)を繰り返し、単なる支持層の受け狙いで終始する典型的な負けチームに堕した。というか、「さらに」堕した。(今まで日本共産党が勝ったためしなどないから「さらに」を付けた)
こんなくだらない政党に、希望を見出す「国民」ってなんなのさ?と僕は常識的に考える。
なぜ、国民連合政府が志位から提案されたか。
それは僕の読みでは、安倍政権にほとほと疲れた官僚が、特に安倍晋三に疲れ、もう退陣していただくしかない、だから、どうするか、がオリーブの森構想の小沢一郎経由で日本共産党に流れただけでしょ?そうでしょ?
そして笑えるのは、自公政権の野党版をイメージし、二大政党制をイメージしていたのかわからないが、民主党に提案したところ、「拒否された」というまったく政治音痴並みの提案をする志位だった。普通、根回しとかしないか?
日本共産党のその無邪気な政治的行動は安倍と双璧をなすばかばかしさである。
しかもだ、国民連合政府が実現したら首相は提案者の志位ではなく、岡田さん、よろしく!ってどうよ。これ、国民をなめてないか(笑)。民主党に拒否された日本共産党は、支持者を使ったのか支持者がバカなのか無用な民主党攻撃を繰り返し、さらに、拒否される、という一体お前ら何したいんやレベルが「国民連合政府案」である。もう安倍もあほらしいが、反安倍の先導をきる志位も安倍とそう変わりない無邪気くんでは、国際政治の中で務まるわけがない。だいたい尖閣問題で尖閣を日本の領土を中国に理に適って主張すれば「わかってくれるうううう」というバカな政治家、ほかには安倍しかいない。尖閣は日中棚上げという首脳レベルの決着がついているのに、尖閣が日本の領土もないでしょ。さらになぜ、万年野党の日本共産党ちゃんが尖閣を日本の領土と中国まで主張しに行ったのか。これって無礼でしょw
もういい加減、俺を笑わせないでくれ、腹がよじれる。
こんな、ただ、正しいこといってりゃいいレベルの政治家が志位でありその発狂集団が日本共産党であって、なんら政治にはいささか役に立たない大久保彦左衛門気取りのレベルが「日本共産党」。
もう、やめようよ、こんな自民とタッグ組んで国民をバカにしきった政治を。


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中