日本共産党は比喩で言えば江戸時代の士農工商階級の代表政党である

日本共産党はネイティブ日本人の、だが、披差別部落を排除する組織なので、江戸時代の士農工商階級を守る単なる愛国党。
このことをわかっていれば、なぜ、日本共産党が、執拗に橋下を敵視するか、見えてくる。日本共産党は、口では、ファシストだとか、都構想反対だとか、言っているが、日本共産党の、深層心理は、いや、本音は、部落出身者である橋下が、日本の政治を牛耳るのは、高学歴のネイティブ日本人ブルジョアの贋左翼の差別だ。
つまり、日本共産党は部落出身者に自分たちが支配されることが屈辱だから、士農工商階級のブルジョアジーを守るために、平気で、その中の、武士と商人の利益代表である自由民主党とてを組むことができる反動的な党である、
日本共産党は差別党である。


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中