このままでは野党は全滅

日本共産党及び支持者は自分たちが無力であり右傾化していることの歯がゆさやその自覚のなさと高学歴のプライドが、自分の問題である右傾化を民主党にみつけて、叩くだけ、もうそれしかできていない。この党も終わっていることに早く人民は気付いたほうがいい。
ということは日本に本格的な反安倍政党など皆無だ。というか弱小社民党がいるが、申し訳ないが「力」ではない。
野党のまだまだできる、という過信こそがさらに泥沼へ日本を追い込む。
危機的な状況だが、勝てる、というその楽観性こそが現在の野党の日本的な心理というか戦時中の軍隊と似通っている。
もっとネガティブに考えるべきだ。
野党の現実否認の楽観性に私はあきれている。
僕は大阪選挙の自民と日本共産党の協力がもう野党の終焉、絶滅のを瞬間を感じました。実際、その協力は、負けました。国民がもううんざりしているのです。
今後は無用に国民に期待を持たせてはいけない。
野党ができることを謙虚に国民に発表し、そして国民からの支持を得るべきだ。
 


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中