非正規拡大の原因のひとつが、既存の労組も非正規問題に対応できていないことから来ている

非正規拡大の原因のひとつが、既存の労組も非正規問題に対応できていないことから来ている。なぜなら非正規の多くは有期雇用だから、期限がきたら雇い止めになるような労働者を組織化したくない。労組の怠慢も原因のひとつだ。
今さら、連合だとか全労連だとかが、非正規拡大阻止だとか「言い訳」を言うな。
あんたら大労組が、非正規組織化を拒んでいるとき、湯浅誠や雨宮処凛ががんばっていたのだ。
その事実をわれわれ労働者は忘れてはいけない。
労組の怠慢。それが原因のひとつだが、非正規拡大の最も大きな理由だ。


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中