日本の人民は国民連合政府なる政治的ロマン主義に酔っている場合ではない

日本の人民は国民連合政府なる政治的ロマン主義に酔っている場合ではなく、民主のまともな層、社民、新社会党、実務の小沢一郎がいる生活の党の連合で自民からの政権交代を視野にいれたほうがいいと僕は考えています。
大阪の自民と日共の選挙協力をみてわかるように彼らはアンシャンレジームの既得権益擁護だけの党です。その自民と日共の出来レースというアンシャンレジームに嫌がった民衆が橋下を支持するのはわからなくもない。
ということは国政レベルで自民と日共の出来レースに嫌がり始めた日本の大衆が国政レベルの橋下のような存在が現れたら一挙に「ファッショ化」する。
日本の政治の問題の根底に自民と日共の出来レース構造がある。
これは国民連合政府が実現したら安保条約破棄凍結を行うと宣言した志位の発言に如実に表現されている。
国民連合政府が実現、ふだん、反米だとか大言壮語をほざく志位が国際政治の狡猾さに負ける。そのことの醜悪さに耐えきれない自称リベラルが極端な右傾化に走る。
このことは予想される。
ゆえに、大言壮語を言わない、民主党のまともと、社民、新社会党、生活の党、そして公明党反乱議員も巻き込むのだ。
この連合を私が希望する。


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中