尖閣諸島についての正しい政治認識、それは日中棚上げ、である

尖閣諸島に対しての正しい認識は安倍首相が「詳細に読んでいない」ポツダム宣言から始めなければ、単なる禅問答に終わる。
その禅問答の結論が「尖閣諸島は日本固有の領土」という禅僧のようなフレーズだ。
まず、そもそも多くの日本の大衆は、日本が連合国に対しての敗戦国、民主主義の敵対勢力である枢軸国の一員だったという「きわめて重要な歴史的事実」を無視している。その「無視」は危険である。なぜなら「アジアへの侵略国家であり加害国・日本」という当然の小学生でもわかる歴史認識を共有できないからこその「歴史修正主義」であり、というか「歴史修正主義」は意図的な策略であり、さらにその「歴史修正主義」に反対する自称リベラルの善良なる無知の「国民は戦争の被害者なのよ、子供に未来を」といった悪意はないが、「無知」がこの「歴史修正主義」の補助輪になってしまっている。
正しい日本の人民は口を酸っぱくして宣言する。
「日本はアジア侵略国家であり、アジア人民約4000万人を殺戮した国家の側の加害人民だ」と。
そう、きゃあ、戦争ってこわいね、と善良ぶってもだめ、あんたも加害国の一員だ。まず、その自覚を持て。
善意だけが取り柄の無知の自称リベラルへ。
この認識から始めないから、政府の暴走を許すのである。
われわれは、アジアの侵略国家の加害側だ、と日本人民が一致団結して宣言すれば、歴史修正主義はこっぱみじんだ。
というか国際世論が、そのように言う日本人民をほめたたえるだろう。
過去の罪に向き合う日本の人民、とか報道される。それは倫理的な高みに達する。
無意識に自分のことを悪くいわれたくない、という甘えが悪意はないが善意だけが取り柄の無知の自称リベラルの「日本の国民は戦争の被害者!」という甘えの言葉であり、それは逆もそうなのだ。「私はお国のための南京大虐殺を行い、慰安婦を強制し、しかも日本刀つきつけ、強姦し、さらに、人体実験をし、中国の民衆から略奪した、それは私の意志ではない、お国のためだ、その私がなぜ、悪くいわれるのか、憤慨だ!」が「歴史修正主義」の甘えだ。ともに甘えで支えあう日本共同体だ。
この日本共同体が政治の癌であり、外国人からみて「不思議日本」ではないのか。
日本が加害国だ、という認識がわかれば、ポツダム宣言など詳細に読まなくても胸にすとんと理解できる。

ポツダム宣言
八、「カイロ」宣言ノ条項ハ履行セラルヘク又日本国ノ主権ハ本州、北海道、九州及四国並ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルヘシ

当然、大日本帝国がアジアに対する侵略国家であったこと、その暴虐性に対しての懲罰がこの第八項だ。これは、バカな日本の保守陣営が主張する西洋もアジアを植民地をしたではないか?という甘えた議論とは別である。西洋もアジアを植民地にしたのは事実だが、そのことをなぜ、貴様アジアの侵略国家・日本が主張するのか、噴飯ものだ。これも甘えだ。

尖閣諸島の認識はこのポツダム宣言第八項が戦後の枠組みであるから、いくら過去にさかのぼって、尖閣付近で日本の「良民」とやらが漁業してようが全く関係ない「戦後の枠組み」だ。

尖閣諸島の認識はまず、この一点。

さらに周恩来と田中角栄の尖閣棚上げ合意があり、それは日本政府はないとか言い出しているが、同行した野中広務が日中棚上げ合意を認めているから、ないことはない。それは「事実」なの(笑)
http://www.j-cast.com/2013/06/05176659.html?p=all

尖閣諸島の認識はまず、この二点。

この二つの認識が極めて重要であるから、過去はいささかどうでもいい。
確かに井上清歴史家が言うように「魚釣諸島」は明に属していたという考古学的発見も重要であり、その考古学発見が「日本は固有の領土」とは言えない歴史的史料ではある。

だが、われわれは現在の世界を生きているのであるから、優先順位は、ポツダム宣言と日中棚上げのこの二つが歴史上の史料より優位に来るのであって、そのことは自覚しなければならない。

であれば、尖閣諸島は日中の棚上げ、日本が実効支配する、という周恩来田中角栄の棚上げ合意になんら不足は日本政府にはないのだ。
であるにも関わらず、「尖閣諸島は日本の固有の領土」だとか言い出したのは、ある目的があるからだ。

それは日本の国体主義の復活。軍国主義の再来だ。
その復活と再来のために安倍政権は「集団的自衛権」だとか言い出し、尖閣をネタの戦争の野望を語りだした。なぜ、戦争の野望が語られだしたか。
それは日本の資本主義が行き詰まり、外への膨張を内在的に必然化した結果であるが、すでに中国に日本企業が進出しているにもかかわらず、外への膨張を野望として持つこと自体、矛盾の矛盾中の矛盾、ザ・キング・オブ・矛盾だ・

実は、日本政府は世界状況を読めていないのではないか、という不安が私の頭をよぎる。

彼ら日本政府が行いたいのは、自分の「欲望」を行いたい、という甘えだけではないのか。
まあ、世襲のボンボンが行っているからそうなるのだ。
ちなみに日本共産党も尖閣は日本固有の領土と見解を出しているのは、日中棚上げが田中角栄だからでしょ(笑)こういう党派性というかセクト主義過激派と変わりない認識が日本共産党であり、これもまた自民党と同じく「日本の癌」である。

結論 尖閣諸島は日中の棚上げで永遠に棚上げにすること。日本政府は今からでも遅くはない、中国政府に謝罪せよ。


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中