当時の戦争にあたしたち、関係ないじゃない、を安倍も反安倍も合唱しているのである、情けない民族だ

当時の戦争には私たち関係ないというSEALD’S型平和好きバカ者も、櫻井よしこの改憲論も私がなんで過去の日本の戦争について謝罪しなければならないのか、というマインドから生まれた軽薄な発想であり、それは安倍首相の談話に如実にその軽薄マインドが示されている。
当時の戦争にあたしたち、関係ないじゃない、を安倍も反安倍も合唱しているのである。情けない民族だ。
だが、日本が起こした戦争に当時関係してないから、歴史を学ばない態度そのことこそが「国民」の概念から外れた「非国民」態度である。
SEALD’Sも櫻井よしこも安倍晋三も「国民」を実はまったく望んでいない奴隷である。


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中