今まで他野党との共闘を政策の違いで拒んできた日本共産党が自らの党の延命のために野党共闘を呼び掛ける国民連合政府案こそが安倍自民党と五十歩百歩のでたらめさだ

今まで他野党との共闘を政策の違いで拒んできた日本共産党が自らの党の延命のために野党共闘を呼び掛ける国民連合政府案こそが安倍自民党と五十歩百歩のでたらめさだ。
なぜ、今までの共闘拒否から方針を変えることができたのか?その総括を日本共産党は行ったのか。
政策の違いを超えて一緒になろう、という日本共産党の政治家の言葉はもはや、精神論である。
そして、国民連合政府が実現したら「日米安保条約破棄凍結」というこれまた今までの支持層を裏切る「公約違反に近い」出鱈目さになぜ、日本の自称リベラルは平気でいられるのか?
日本の自称リベラルは「鈍感」なのか?
もはや、自民党の暗黙の協力政党であることに誇りを持つ日本共産党。
日本共産党の志位も何回となく、過去の自民党をなつがしがる自称「反自民」である。

自民党と日本共産党、それは暗黙の「出来レース」の相手。


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中