日本政府自体が、平和を求めていないから、アメリカが悪い云々言っても意味がないと僕は考えます

日本政府自体が、平和を求めていないから、アメリカが悪い云々言っても意味がないと僕は考えます。
確かにアメリカが日本に軍事拡大を求めているが、そのアメリカからの要求を日本は待っていた、と見たほうがいいのです。
もし、日本が完全にアメリカの属国であれば、オバマの広島への原爆投下の謝罪をしたいという提案を日本政府が拒否できるわけがないが、このようなオバマの提案は拒否できる「力」が日本政府にはある。つまりは完全に日本政府はアメリカの属国ではない。
都合よく、日本政府は日本をアメリカの属国にしたり、していないようにしている。日本政府はアメリカからの「提案」「要求」を日本政府の支配層にとって都合のいい「提案」「要求」を選び、それをいかにも「アメリカからの外圧」だということを強く主張することで、アメリカの命令だから日本の大衆に対しても批判しても無駄だ、という裏メッセージを送っているのでしょう。
だが、その「アメリカの外圧」のように見える、日本政府が行う数々の政策は、日本政府が待っていた政策であり、そして、それは「アメリカからの外圧」の中にはアメリカ政府にまったく影響がない「私人」でしかないアーミテージも含まれる。
また、小泉元首相のようにいかにも自分で考えたように見せた郵政民営化はアメリカからの年次改革要望書に書かれたことを、さも、オリジナルであるかのように主張し、「アメリカからの外圧」ではない、ということで、人気を博した首相もいますが、それもまた「要望」であり、小泉が、自分の人気取りのために都合よく選んだ政策です。ここでも「アメリカからの外圧」というマジックワードの呪文が逆作用に国民に効果を与えた。
この小泉手法を安倍も踏襲したのだろうが、小泉はアメリカの公式代表の「要望」だが、安倍はアーミテージという「私人」の「作文」でしかない。
日本政府の「アメリカからの外圧」の「製作能力」が低下してきた。それは当然、安倍が極右であり、オバマやEUが安倍をもっとも敬遠しているからだ、その裏事情があるから、日本政府は逆に「アメリカからの外圧」を日本国民を黙らせるためにアメリカからもっとも「信認」された首相が安倍晋三だ、ということをあの安倍のアメリカ議会の演説でアピールしたが、当のアメリカ政府は冷淡である。そして、アメリカ政府は、オバマは「安倍の集団的自衛権」を歓迎する、と社交辞令で、当然ながら同盟国の立場で言っただけのことで、東アジアの安定をオバマが求めており、アメリカは国防費の上昇が国家を苦しめていることをわかっているので、アメリカの国防費の肩代わりを行う日本政府を利用しているだけでしょう。
さらに日本の国際的地位は、シリア難民受け入れ拒否、ユネスコに金出さんぞ、という恫喝もあわさり、低下していくだけです。
日本のダメさは日本政府が作っており、それは「外部」の「アメリカ」でもなく「中国」でもない。

日本社会の敵は「自民党」と「経団連」と「官僚」です


にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中