日本はシリア難民を受け入れる義務がある

日本はシリア難民を受け入れる義務があるの理由は。

日本軍は侵略した先で敗戦と同時に自国民を捨ててくる、という暴挙を行った。その結果、日本国民は現在のシリア難民のように生きていくしかなくなった。侵略先の中国の民衆は、難民の子供には罪がない、と我が子のように育てた。
という過去を知っていれば、嫌中など当然、言えないし、安倍晋三のようにシリア難民の受け入れを拒否するような発言にはならないはずだ。

である。
日本人も中国大陸で難民だった。その世話をしたのは中国人。

そういう国境を越えた、または国籍、民族の違いを超えて、日本人が中国人に助けられた歴史を知れば、今度はシリア難民を救う、と考えるのが「義務」だ。

そういうことは自称右翼の小林よしのりがいいなさい。

今日の俺の記事、充分、ナショナリスティックだろ?
 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中