憲法のキモは中身であるはずなのに、なぜ外側のどうでもいい論議に終始するのかが私には理解不能

憲法でもっとも重要なのはその中身である。条文である。
だが、現在、日本の安保法制をめぐる論議は憲法の外郭の「立憲主義」であるか否かを論じていて私には理解ができない。
たしかに憲法には立憲主義しかない、それは、常識でしかない。
その程度の「常識」を確認して、安倍自民党に「立憲主義を守れ」というのは馬鹿げている。
「主権者」である「日本の住民」は、その憲法上の「権利」の行使をどのように、どのタイミングで、どこで、誰が、行うか、ということを行えばそれが「立憲主義」であるから、政府に守れ、というのは警察に向かって道交法を守れくらいの「茶番」である。もしくはやくざに向かって親指詰めするなくらいの「要求」であり、それは「茶番」なのだ。話はずれるが、やくざにむかって、あのう、人権上許されませんから指詰め許しません、という「人権問題」を問うのがあってもいいな(笑)
そして、さらに理解不能な議論が、安保法制が法手続きに反しているから、民衆が批判する、というその態度である。手続きをしていないから、安倍政権にレッドカードを出すのは、誰あろう、法律を担当する役人だ。(だから公務員は全体に奉仕するんじゃねえかよ)つまり、政府内部の法律系の役人が経済系役人や防衛系役人に負けたその結果が安保法制や集団的自衛権のでたらめさを許している。民衆は安保法制及び集団的自衛権に反対する言葉はこれしかない。

自衛隊及び集団的自衛権、安保法制は憲法違反であり、それは第9条に違反し特に第2項に抵触し、憲法とは人民の権利を守る法であるから、自衛隊及び集団的自衛権、安保法制は精神的苦痛をもたらす。

こういわなければならない。

改憲してから安保法制を通過して下さい、なんて人民が言うのが馬鹿げている。君らは日本国憲法が改正されたらいいのか?
改正されて、安保法制が通過すれば、政府はこういうだろう。
「改憲してから安保法制を通過して下さい」と言ってませんでしたか?と。

改憲してから安保法制を通過させるべきだ、みたいな敵の有利になるようなことをいうのはバカげている。

法的な手続きなど、仕事できない政治家や仕事させてもらえない役人が言えば済む話であり、デモという「徒党」組んでまで行うものではない、それはもっといえば「野党」が議会内で弱くなったから、人民に議会で行われるべき論議を肩代わりさせられる、という政党政治の不調、機能不全である。その機能不全をもって、バカ小熊のように、直接民主主義を唱えるのは、「あきれかえるほどのロマンチスト」(遠藤ミチロウ)である。民主党のとき、盛り上がったデモはデモ隊の「リーダー」とやらが菅直人とテーブルではちあわせ、交渉したのか知らないが、その風景に小熊英二が、「感動」した。小熊英二はこの手の「わかってない直接民主主義者」である。

現在の政治の論点の核心は「政党政治」ができていない、ということであり、そのできなさが「強いリーダー」とやらの願望を呼ぶ。その願望のミニミニ形態がオークダーキこと奥田愛基に対する「民衆の愛」(笑)だ。これは若者ががんばっている姿に感動する爺感情の発露がSEALD’Sや高校生の民衆の歌で「泣いてしまう」バカの晃一だ。
自分好みの若者が目前にいて感動してしまうのは、淋しいじじい、それだけである。それは訪問販売のカモ。もしくはSF商法のカモだ。

高校生が民衆の歌を歌おうが、安保法制で海外に行かされるのは「自衛隊の若者」だ。
彼らは「民衆の歌」など聞いて泣いている暇はない。

奥田愛基に対するじじいの愛はファシズムの原基形態として考察に値する。
奥田愛基とは、大衆の手に届くミスチルであり斉藤和義だ、そんなもん泡沫ではないか。
しかも「政治的」な。かつ脱イデオロギー時代の「新自由主義」以降のラディカルさを備えて、である。

奥田のことはともかく。

もう疲れたから、まとめる。
現在、日本国憲法を敵視する安倍政権が存在している以上、日本国憲法を改正させない、が原則であり、それは中身が人民の権利の獲得の結果なのだ。日本国憲法にはアジア人民4000万人の死者、日本国民の死者約200万人が憲法に刻印されているのだ。
それは単純に立憲主義を守れ、ということに済まない話が日本国憲法だ。
確かに日本国憲法は外見的にみれば、日本の人民が書いていない、私もそのように主張した。
だが、それは間違いだ。
日本の人民は明治初期から憲法を自らの手で制定することに執念を燃やしてきたのだ。その中にはアキヒトのお気に入り「五日市憲法」も含まれる。
明治の自由民権運動の反動が立憲主義の大日本帝国憲法であり、その大日本帝国憲法でもって人民は大正デモクラシーを行ったのだ。当然、政府は弾圧し、治安維持法になり、戦争中のもの言えない日本国家になったが、羽仁五郎は戦争中でも日本の労働者はストライキを行い続けていたことを「日本人民の歴史」で書いている。

それら人民の「歴史」が「日本国憲法」に刻印されている。

そして原爆投下の悲惨さや沖縄の集団自決が憲法第9条にも反映している。
日本国憲法第9条を侮辱するものは戦死者を侮辱するきわめて嫌なやつだ。

そして、第2項を削除したがるのは、日本の侵略戦争の歴史を無化する歴史修正主義者だ。

憲法とは「人民の歴史」だ。

であれば、日本国憲法は現在、日本の住民を守る機能があれば、それを改正させない、が当然の答えであり、「一般論の立憲主義を守れ」ではないのだ。

日本国憲法を改正させてはならない

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中