立憲主義の回復だけを叫ぶことの落とし穴

安倍政権があまりにも「違憲」の強硬姿勢の政治を行うので、日本の住民はパニックに陥り、「立憲主義の回復」という「一般論」で納得してしまう、という喜劇が、反安倍陣営だ。
「立憲主義の回復」だけなら、「大日本帝国憲法の回復」でもいいのだ。
こういうことをいうと、「大日本帝国憲法の回復」なぞ望んでいない、と、自称リベラルはしきりに反論するが、事実、大日本帝国憲法は、日本の国政史上、初めて生まれた立憲主義憲法である。当然、大日本帝国憲法発布前に、民間で数々の憲法案が作られた。その中には、アキヒトお気に入りの五日市憲法も含まれる。アキヒトが五日市憲法をお気に入りにすることは、日本国憲法で定められた天皇の政治活動禁止に反するのではないか、という疑問を抱きそうになるが、「歴史学」という範疇におさめるということで政治ではない、とも言いうることができる。
大日本帝国憲法は、まさに民間の数々作られた憲法案に示される「立憲政治」の要求に「明治中央集権権力」が応えたその「立憲主義憲法」であることを忘れてはいけない。その「立憲主義憲法」と「教育勅語」の両輪が、日本の人民を苦しめたが、田中正造は、その大日本帝国憲法を常に持ち歩いていたのだ。つまり、人民を苦しめたように見える大日本帝国憲法は、人民の武器でもあったのだ。
そう、大日本帝国憲法は「立憲主義」だったのだ。
私が言いたいのは、単に立憲主義の回復を叫ぶのは、単なる法律論の一般論でしかなく、まったくなんの効果もない。
大事なのは、立憲主義の回復ではない、行使、である。
それは、わたしもあなたも今、現在置かれている環境でいかに小さなこととはいえ、権利を行使できるかが「立憲主義のかなめ」であって、憲法学者の談義には「立憲主義」はない。ただ、「学説」が存在するが、その「学説」もまた人民の権利の結果である。
さらにいえば、多くの後進国は外見上「立憲主義」の憲法を作り、人民を苦しめているのが実情だ。
では、今、日本の住民はなにを主張すればいいのか?
簡単な話である。
日本国憲法を改正させない、だ。
。なぜ、憲法第9条を守る、と言い続けた日本共産党が「日本国憲法を改正させない」を強く主張せずに「立憲主義の回復」を主張するようになったのか。それは改正派の「小林節」と手を組む、という単なる「日和見戦術」だからだ。
「立憲主義の回復」という一般論だけであるなら、「立憲主義」の手続きを経て、日本国憲法を安倍政権に改正されても文句は言えない。
だが、日本国憲法を改正させない、であれば、改正させられたら、批判はできる。
そして、なぜ、日本国憲法ができあがったのか。と
それは日本がアジアへ帝国主義的侵略を行い、「敗戦」した結果であり、その「歴史」を認識しておれば、いかに「日本国憲法を改正」させないことの重要性はわかるはずだ。
仮に志位の国民連合政府が安倍政権を倒し、政府についても「日本国憲法を改正させない」という言葉を言わない限り、「国民連合政府」案による憲法改正は十分可能性はあり、事実、小林節は第9条第2項を修正したがっているようだ。それは自衛隊の存在が小林をそのように強いるのだ。
だが、自衛隊を容認すれば第9条第2項は腹立たしいが、自衛隊を「違憲」だ、と主張し続ければ、第9条第2項がいかに戦後日本の平和の礎を築いてきたか、わかるものだ。
現に沖縄の辺野古基地問題も第9条第2項とも深くかかわっているのだ。
辺野古基地問題の隠された「主題」は「自衛隊基地」である。
辺野古に基地を作らせないは、第9条第2項の「戦力を保持しない」の住民の意志の表れでもある。
いかに日本国憲法第9条第2項が重要であるか、わかっていただけたであろうか。
問題は政治家や首相の民主主義の手続きではない。だいたいそんなことで「デモ」を行うこと自体、バカげていないか?そもそもその程度の政治課題は国会内で行えば話は済むのである。
「立憲主義を守れ」というより国会内で野党が3分の1以上の議席を占め、首相、それは違憲です、と野党が主張し続ければ、自動的に「立憲主義」は回復するのであって、安倍の頭の悪さだけが立憲主義をできないことの起因する問題ではない。

現在の日本の政治のダメさは、立憲主義という一般論の問題ではなく、
単に野党が議席を確保できないこと。そこからくる与党の横暴であって、まずは野党が3分の1以上を占めれば話は済むのである。そのために「デモ」を行うのは話は分かるが、それは「政党主導」でなければいけない。

そして、なぜ、国民連合政府という負けそうな共闘案まで野党が追いつめられたか、の政治検証をしなくてはいけない、まず、そこから始めるべきであって、一般論の「立憲主義回復」なる呪文を唱えても意味がない。

このような、政治状況においては、原理原則が重要である。
それは何か?

「日本国憲法を改正させない」だ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中