安倍晋三はなにをしたいのか

安保法案を強行可決するくらいなら、わざわざアベノミクスなる単なる株価操作で大衆の支持をとりつけた努力がいったいなんだったのか、と私は考えてしまうのである。
大衆の支持があり、ごく自然に安保法案が可決される、ということを安倍は期待していたのではないか。その見通しはどこからきたのかよくわからない。
結局、国会前デモまで起きてしまうので、百田、籾井らを動員した右派世論形成も失敗した。
安倍晋三はなにをしたいのか。
その何をしたいのかは、改憲だ、と多くの大衆は言うだろう。
その何をしたいかは、戦争だ、と多くの大衆は言うだろう。
だが、それにしては、準備不足に私には見えるのである。
安保法案が可決されて晴れて自衛隊が海外へ派兵されても、せいぜいPKOの手伝いとかそんなところではないか?
そもそも反対派の異様な反戦も奇妙である。
それはなぜか、さきに安倍政権を倒すという目的があり、その政治の中身を検証するのでもなく、感覚論で戦争反対さえ言っておけばいいや、というその程度の戦術だからである。
日本は安倍政権もだめだが、対抗する側もだめである。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中