自衛隊は合憲だけど、みたいな甘えが、安保法制に発展した

自衛隊は合憲だけど、みたいな甘えが、安保法制に発展した。
個別的自衛権を容認する、も法律主義であり、そういう「ゲーム」をしている場合ではない。
安保法制を真剣に廃案にしたいのであれば、自衛隊も違憲だ、という世論を作ることだ。
どこかで多くのバカ国民は「自衛隊員ひとりひとりは人間で本当はやさしく国家の奴隷でうんぬんかんぬん」ぬかすが、こういうバカ国民は本質をわかっていない。問題は自衛隊は他国から見たら軍隊である、という事実だ。

日本国憲法第9条第2項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない、ですよ。
自衛隊を災害救助隊だとか、国民の自衛権の組織だとか見苦しい嘘を言うのはもうやめよう。
自衛隊を容認するから安保法案を国民の無意識が招いてしまうのだ。
ちなみに僕は安保法案を「敗戦法案」と呼びます。

 

安保法制も違憲だが、もっと違憲は「自衛隊」である。
この言葉が強くならない限り、国家の戦争を行いたい欲望はつねに増殖される。
というのは、武器を輸出しないまでも、自衛隊があれば三菱重工をはじめとした武器メーカーは武器を作るのだ。
武器輸出を「死の商人」と批判するのはたやすい。
そんな幼稚なレトリックごときで「戦争ビジネス」は突破できない。
武器を輸出しないまでも、武器は作られ、自衛隊に納入され続けているのだ。
といっても「レーダー」をはじめとする「小物」なんだけどね

 

武器メーカーと自衛隊の結合がある限り、日本の戦争ビジネスは不滅である。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中