政治的に無関心な層がデモすることは民主主義でもなんでもない、むしろ「テロ」である

政治的に無関心な層がデモすればそれだけの理由で肯定されるなら「在特会デモ」も肯定するべきだ。みてわかるが、在特会は民主主義と言えるだろうか。「テロ」を白昼行っているではないか。彼らの示威行為は「自慰テロ」である。
政治的に無関心な層がデモすることは民主主義でもなんでもない、むしろ「テロ」である。
石破がいったデモはテロは「真実」でもある(笑)。
SEALD’Sも在特会もインターネット出現以降生まれた「SNS動員型ファシズム」の一形態である。在特会もミサオもSEALDSもそれらともに政治的無関心層がオブセッションで政治的意識を持たされたその悲惨な廃墟現象である。
その政治的無関心層内閣は民主党菅直人から野田佳彦そして自民党の安倍に至る。
つまり、現在進行している政治的無関心層のデモとやらは、いつ、テロに化してもなんらおかしくない集団行動である。
事実、積極的に彼らは、敵セクトである中核派排除の「テロ」をそれも彼らが呼ぶ「普通の市民」の力で行っている。
それはまがうことなき「ファシズム」である。
今後、SEALD’Ssの方向は政権奪取目的の「ファシズム」の駆動を「民主主義ってなんだ」(鶴見俊輔の本のタイトルなんですが?)を叫びながら「中核派」を手始めに「テロ」を実行していくしかない。
というかそれしか彼らの道はない。
(民主主義とは何だろうか、でした)

奥田愛基、彼は天草四朗時貞のように裏の大人に操られた「アイドル」である。
天草四郎にすべてが責任を負わされ斬首されたように、奥田愛基も責任を負わされ、大学から追放されてしまうのだろうか。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中