安倍政権の中国脅威論とSEALD’Sの中核派脅威論、ともに論理(らしき)が同じというばかばかしさ

安倍政権の中国脅威論とSEALD’Sの中核派脅威論、まったく同じ力学で「群衆」を同じ目的に従わせる「戦争の論理」であり「ファシズム」だ。
安倍もSEALD’sもなんら理論的根拠もしくは理論の強さを欠いているから外側に敵を作って「群衆」を結束させる、最低の方法をとっている。
私は安倍政権とSEALD’sともに政治の舞台から退陣することを要求する。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中