私が日本共産党の他党協力に対する反対の理由

だいたいにおいて日本共産党がいままで他党の協力を拒んで自民党の暴走に間接的に協力したから安保法案可決という結果になっているんじゃねえか?ふざけてんのか日本共産党。まず、他党に協力する前に人民に謝罪しろ、それが道理だ。
人民に公的な場で、わたしたち日本共産党が今まで他党協力に拒み、あまつさえ分断してきた政策的戦略的間違いを謝罪しないかぎり、 私は、日本共産党の他党協力に対して反対する。
それは「欺瞞」もしくは「有権者」への裏切りである。
日本共産党の野党連合なんて自公政権の野党版みたいなもんじゃねえか。
バカにしてんのか志位てめえ。

私は東京都知事選を思い出す。
細川・小泉脱原発連合に対し、勝ち目のない宇都宮候補を擁立し、それが議会選挙だ、と言い張った日本共産党を。
それはなに?
そして結果的に舛添都知事になったことを。
それを私は思い出す。

このようなふざけた野合に対して

われわれ人民は翁長県知事を支持する。

私は翁長沖縄県知事を霞が関の論理を徹底的に拒否する戦闘的政治家、その一点で支持する。以上。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中