憲法第9条を私はこう考える

私は憲法第9条には「自衛権」すら存在していない、ゆえに「個別」であろうが「集団」であろうが、第9条には存在していないのだ。
櫻井よしこ及び影響された保守派が、国連は「集団的自衛権」を加盟国に認めている、と言い張ろうが、日本国憲法第9条は「自衛権」すら認めていないのだ。国際条約より憲法が上回る、法の常識である。
事実、その法の常識に従い、砂川判決の高裁段階では「米軍基地も違憲」と認定したのだ。
そして、第9条には自衛権がない、というのを嘘だ、と言いたい人間は、第9条を読めばわかる。

第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

第2項  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

これのどこに「自衛権」の存在する余地があるのか。
だいたいにおいて、個別的自衛権なら存在する、はかつての自民党の主張であり、自衛のための武力は許される、というのが自衛隊を支える論理として自民党が喧伝してきたもので、そのかつての主張に、「反安倍」「平和主義」だとか言い張る多くの日本大衆はそのかつての「自民党の主張」に自分の意見を重ね合わせている。これは滑稽なことではないか(笑)
そして、個別的自衛権の名のもと小泉元首相はイラクへ自衛隊を派遣し、その小泉を個別的自衛権は存在すると主張する改憲論者・小林節は違憲だと指摘したが、どうも小林某の頭は改憲したいばかりに、憲法第9条を字面とおり読むことができなくなってしまったようだ。字面にこだわると小林某は言っていたが(笑)。彼も虚偽を強く主張しているにすぎない。

余談であるが、敗戦直後、憲法第9条を知った日本共産党は、自衛権がない、と強く第9条に反対したのだ。日本共産党の本質は護憲ではない、議席主義に護憲を強く票の獲得のために主張しているに過ぎない。

よく、いままで日本の平和は、憲法第9条で守られた、という言葉が叫ばれる。
それは間違い。
いままで憲法第9条の精神を日本は踏みにじり、休戦状態を平和と僭称し維持してきただけである。
いままで日本が「休戦状態」を維持できたのは、日本主義の覇権的中心商品が、自動車であったからだ。自動車である限り、戦争を起こす必要はない。
資本主義は覇権的な中心商品のサイクルで動く機構である。
日本は日米構造協議で問題視された自動車の輸出により政財官は「休戦」を維持していたのであって、どこかのバカが言うように「憲法第9条」という「平和ブランド」だからではない。憲法第9条は平和ブランドではない、それは人民の権利である。間違えないでいただきたい。
だが、自動車輸出が行き詰まり、ITにも乗り遅れた日本資本主義の延命策を「武器輸出」に見出したのだ。
自動車輸出が行き詰まっている証拠に製造現場に従事する労働者が多くは年収200万未満の労働者であるという事実である。
日本の政財官は、憲法そのものを軽視している、というか、軽視しなければ「経済成長」という名の「富裕層拡大」を堅持できないのだ。その「富裕層拡大」の堅持のためアベノミクスという単なる「株価操作」が行われ、今度は武器輸出を製造業で行うのだ、それも「自動車輸出」が厳しくなってきたからだ。
この商品の交代はどこかで見たことがある。
それは「アメリカ合衆国」だ。
「アメリカ合衆国」の「自動車産業」が日本車の輸出攻勢が原因で衰退したのをそれを武器製造で盛り返したのだ。だが「アメリカ合衆国」はITと金融投機によるグローバリゼーションの覇権を握った後にだ。
だが、日本資本主義は、ITと金融投機で、グローバリゼーションに飲み込まれたあとにだ(笑)。
以上、日本が平和という名の休戦状態を維持していたのは、どこぞのバカが言うような「日本人が平和好き」とか「憲法第9条は平和ブランド」ということではなく、日本資本主義の覇権的中心商品が自動車だったからにすぎない。ほか、電気製品もだ。
その商品の行き詰まりが、武器輸出にサイクル交代を迫るのだ。
だが、それは極めて「男尊女卑」の発想ではないか。
私は提言したいのだが、憲法第9条を維持したければ、国会前でくだらないデモではなく、安保法制を廃案にしたからと言って、日本の政財界は、武器輸出というプランを曲げないのだ、さらに自衛隊は存在しているのだ、私から言わせれば安保法制があろうがなかろうが、日本の政財界は「戦争経済の意志」を持っているということだ。過去、小泉元首相が個別的自衛権の名のもと、イラクに自衛隊を派遣した事実があるように、実は「集団」も「個別」も彼らはどうだっていいのだ。それは戦争を行うための適当な理由づけだ。

であれば、日本資本主義の覇権的中心商品は「武器」という「男尊女卑」の商品ではなく、和食といった商品を中心に置くべきである。これでは藻谷と意見が同じになってしまう(笑)
う~む、われながら、ここまで書いてばかばかしくなってきた(笑)
まあ、日本の政財界は自動車の次は武器だ、と。これは円高攻撃も遇わないと多寡をくくっていないか(笑)

そして、自衛隊は国連の管轄下に置き、世界の平和を維持する災害救助隊に生まれ変わるのだ。
世界の危険は人為的な戦争だけではない、自然災害もある。また自然災害とは言わなくてもテロ災害もあるる。
現在、世界中で問題になっているシリア難民を積極的に「救助する組織」に「自衛隊」は生まれ変わればいい。それも「国連」との協力においてだ。
日本は自衛隊を世界の災害救助隊に生まれ変わり、平和を輸出するのだ。
かつてソ連が革命を、まだアメリカは帝国主義を輸出しているように、
日本は、平和を輸出する。
日本という国連ではいまだ敵国が、平和を輸出することこそが憲法第9条の見えざる狡知である。

憲法第9条の本質的核心は、自国平和主義ではない。
戦争をしません、という国家がひとつでも増えれば世界の永遠平和に一歩近づくのだ。
そもそも戦争は、自衛戦争であろうが、それは第三者から見れば国際紛争である。
国際紛争が戦争であるから、それは他国との関係なくしてできない事業である。
ゆえに自国だけで「平和」を内向きに唱え、さらに憲法第9条をノーベル賞に、という間違いを犯してはならない。

平和とは、自国だけでは休戦状態である。
平和とは世界平和のことである。(まて、この言葉は創価学会ではないか)

第九条  日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

第2項  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中