日本国憲法第9条には「個別的自衛権」さえもないのだ、それでよい

「集団的自衛権」否定のために日本国憲法第9条には「個別的自衛権」があると法的に主張しても「個別的自衛権」を担う自衛隊自体のルーツが朝鮮戦争の際、マッカーサーに命じられた「警察予備隊」だから、もともとからして憲法に配慮しつつだが無視した組織がルーツですからね。
そのような組織を使用するしかしかない「個別的自衛権」とは?ですよ。
ということは、日本国憲法第9条には「自衛権」など個別も集団もないと言い切ったほうが人民のためです。
では、安全保障はどうなる?と切り返す御仁がいるだろうが、安全保障と軍事力をセットにして議論をすること自体、暴論である。
軍事力の均衡が「安全保障」をもたらす、というその論は「ゲーム理論」か怪しげな「経営論」か「地政学」であって、「法的理論」なのか、と私は考えるのである。
憲法第9条自体が「安全保障」である、と人民は言い切り、もし、他国からの「侵略」という蓋然性のために自衛隊は国連の管轄にはいればいい。
この二重の戦略で「日本の安全保障」は確立できるはずだ。

日本国憲法第9条には「個別的自衛権」さえもないのだ、それでよい

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中