異性愛者である男がゲイから告白されても、友達のままでいようね、と女子高生のように切り返せばいいではないか

異性愛者である男がゲイから告白されても、友達のままでいようね、と女子高生のように切り返せばいいではないか。
というかこういうのは必ず、ゲイの戦略的勝利に終わるんだよ。
友達のままでいようね、と言われたら、去るわ、だし、そのゲイの男を罵倒したら、「誰があんたみたいなブスに」だし、ゲイの男がそのふたつをとらなくても現状維持ならゲイの寛容性で終わるではないか。
だから俺はゲイがカミングアウトしようがしなかろうが本人の「自由」だと言っているのである。
俺はゲイを渋谷区のような欺瞞で持ち上げる気はない。
だから一個の人間として、悩める人間として対等に見ているから、上記のように、ゲイから反感されるかもしれない文章を書いたのである。

よく中二病の「男子中学生」はアイドルもうんこするんだぜええ、とかいうのだが、同じようにゲイも食事をするんだぜえ、ビールを飲むんだぜえ、という認識を持つのが当然の大人として当たり前の認識である。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中