オバマは日本への原爆投下の謝罪をしたがっているのに、日本政府は拒否していることから見える日本政府の「嘘」

オバマは日本への原爆投下の謝罪をしたがっているのに、日本政府は拒否している。
ということは、日本政府はアメリカからの要求を拒否できる、んですよ。
ではなぜ、TPPや郵政民営化や集団的自衛権の要求を受け入れるか、それは日本政府にとって都合のいい選択をして、それをあたかも「外圧」と嘘を言っている。
アメリカからの要求で日本政府が「外圧」の名のもと、受け入れているのは、それは日本政府がのどから手が出るものだったが、「外圧」というと「責任」を負わなくて済む、というこれまた日本の無責任構造があらわに示された。
ちなみにオバマの原爆謝罪を日本政府が拒否するのは、当然、今後の「謝罪したくない」をしたいから。
オバマが「謝罪」をしたら、日本政府は「謝罪をしたくない」をできなくなってしまうからだ。
 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中