社会ニュース 売買春合法化を「支持」=国際人権団体の決定が物議

アイルランドのダブリンで11日に開かれたアムネスティの総会には、70カ国から約400人の代表が出席。売買春のほか、売春あっせん、売春宿の経営を含む「合意の下での性労働に関わる行為」について、全面的に合法化すべきだとする決議を賛成多数で採択した。シェティ事務局長は「性労働者は世界で最も軽視された職業集団であり、差別と暴力、虐待の危険に常にさらされている」とし、合法化を目指す意義を強調した。

世界中に700万人の会員・支持者を有し、国際的な発言力を持つアムネスティの今回の動きに対しては、他の人権団体や女性団体から非難が殺到。米拠点のNGO「女性の売買反対連合」は、総会に先立ち「搾取される者を守るために搾取する側を合法化するのは、筋が通らない」と批判する公開書簡を出し、米女優メリル・ストリープさん、英女優ケイト・ウィンスレットさんら多数の有名人も署名した。

http://www.msn.com/ja-jp/news/world/%e5%a3%b2%e8%b2%b7%e6%98%a5%e5%90%88%e6%b3%95%e5%8c%96%e3%82%92%e3%80%8c%e6%94%af%e6%8c%81%e3%80%8d%ef%bc%9d%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e4%ba%ba%e6%a8%a9%e5%9b%a3%e4%bd%93%e3%81%ae%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%81%8c%e7%89%a9%e8%ad%b0/ar-BBlLrKh?ocid=TSHDHP
「性労働者は世界で最も軽視された職業集団であり、差別と暴力、虐待の危険に常にさらされている」この意義はわかりますが、だからといって売売春を合法化することにつながるのか。
その点は疑問です。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中