労働ニュース 「残業代払って」積水ハウス元社員ら、労働審判申し立て

長時間働いたのに残業代が払われなかったなどとして、住宅メーカー積水ハウス(大阪市)の営業職だった元社員の20代男性2人=いずれも東京都在住=が30日、同社に残業代の支払いなどを求める労働審判を東京地裁に申し立てた。

 申立書などによると、2人は関東地方の支店で働いていた2013~14年、最長で月約70~80時間残業した。ところが会社側は、外で働く仕事なので、労働時間の算定が難しい場合に決まった時間を働いたとみなす制度を適用しているとして、残業代を払わなかったという。
http://www.asahi.com/articles/ASH7Z4S0NH7ZULFA014.html

「労働時間の算定が難しい場合に決まった時間を働いたとみなす制度を適用しているとして、残業代を払わなかったという。」
みなし残業制度のことだな。

http://www.roudousha.net/zangyo/080_minashi.html

「裁量労働制では実際の労働時間に関係なく、予め定められた労働時間分働いたとみなされるため、会社側にとっては「給料定額制の使い放題」とも言うべき状態になります」

ということだ。
現行の労基法のみなし残業の規定は以下にある
http://www.ycw.jp/hiroshima/?p=291

微妙な争点だ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中