歴史ニュース 昭和天皇「蒋介石支持を」=国連代表権問題、佐藤首相に促す―日米文書で判明 ←そりゃまあそうでしょう

蒋介石総統率いる中華民国(台湾)政府が国連の代表権を失う直前の1971年6月、佐藤栄作首相が米国のマイヤー駐日大使(共に当時)と会談した際、昭和天皇から「日本政府がしっかりと蒋介石を支持する」よう促されたと伝えていたことが分かった。秘密指定解除された米国務省の外交文書で判明した。台湾の国連代表権維持への後押しを伝えたものとみられる。天皇の政治問題への関与発言が公になるのは極めて異例だ。

この問題について、日本の外交文書にも「陛下が(中国問題を)心配しておられた」というマイヤー大使に対する佐藤首相の発言が記載されている。昭和天皇の発言の背景には、蒋介石が終戦直後に中国に残った日本人の引き揚げや天皇制の尊重、対日賠償請求権の放棄など「以徳報怨」(徳をもって恨みに報いる)と呼ばれる寛大な対日政策を取ったことに「恩義」や「信義」を持ち続けていたことがあると思われる。しかし、国連代表権は71年10月、毛沢東主席の中華人民共和国(中国)政府に移った。
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%98%ad%e5%92%8c%e5%a4%a9%e7%9a%87%e3%80%8c%e8%92%8b%e4%bb%8b%e7%9f%b3%e6%94%af%e6%8c%81%e3%82%92%e3%80%8d%ef%bc%9d%e5%9b%bd%e9%80%a3%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e6%a8%a9%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%80%81%e4%bd%90%e8%97%a4%e9%a6%96%e7%9b%b8%e3%81%ab%e4%bf%83%e3%81%99%e2%80%95%e6%97%a5%e7%b1%b3%e6%96%87%e6%9b%b8%e3%81%a7%e5%88%a4%e6%98%8e/ar-AAdIbCq?ocid=TSHDHP#page=2

昭和天皇からしてみたら、共産主義政権である中華人民共和国に移るのは、自身がアメリカ帝国主義の防共の繰り人形であることを考えれば上記のような「日本政府がしっかりと蒋介石を支持する」という「日本国憲法違反」を冒してまで佐藤栄作に発言を促していたのはわかる。いかに昭和天皇が自身のエゴだけで生きてきたかがわかる重要な文書だ。

昭和天皇が毛沢東を支持するなんて言い出すことなどありえないし、侵略国の被害国の政治にも干渉しようとするえげつないいやらしい残忍な性格までわかります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中