自衛隊の発端はマッカーサーの指示による警察予備隊だから…

自衛隊の発端はマッカーサーの指示による警察予備隊だから、自衛隊がアメリカ帝国主義の傭兵であってもなんらおかしくない。

「1950年6月25日に勃発した朝鮮戦争において、アメリカ軍は日本駐留部隊を朝鮮半島に出動させることとなった。その時点で日本駐留陸軍部隊は第8軍の4個師団(第1騎兵・第7歩兵・第24歩兵・第25歩兵)であり、九州駐留の第24歩兵師団は直ちに移動を開始している。その後、7月上旬には第8軍全部隊が朝鮮半島に移動することとなり、日本における防衛兵力・治安維持兵力が存在しないこととなった。

7月8日、マッカーサー元帥は吉田茂首相に対し、「日本警察力の増強に関する書簡」を提示した。この書簡においては、「事変・暴動等に備える治安警察隊」として、75,000名の「National Police Reserve」の創設が要望されていた。公表された書簡では左記の表記が採用されていたが、GHQ部内資料である「日本の安全保障諸機関の増強」(Increase in Japanese Security Agencies) においては「Constabulary」(警察軍)と称されており、アメリカが第2次大戦前にフィリピンで創設していたフィリピン警察軍(英語版) (PC)、アメリカ軍政庁統治下の南朝鮮で創設していた南朝鮮国防警備隊(現在の大韓民国陸軍)のような対反乱作戦部隊を想定していたものと考えられている。

日本に再軍備を認める事は、時の陸軍長官ケネス・ロイヤルから国防長官ジェームズ・フォレスタルに提出された答申「日本の限定的再軍備」で1948年5月に確認された既定の事項だった(逆コース)。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E4%BA%88%E5%82%99%E9%9A%8A
自衛隊の発端である警察予備隊そのものがマッカーサーの指示という超法規的措置であることからして、警察予備隊の延長の自衛隊もその超法規的な措置として存在しているように見えるが、自衛隊員そのものは軍法がないので、日本の刑法で対応されてしまう、という超法規的な措置としては当然ありえないので奇妙な組織に発展した。

自衛隊の発端の警察予備隊が「違憲」なのである。とはいってもマッカーサーは、「日本警察力の増強に関する書簡」という指示ふぇあるから、「違憲」と断定されないような指示である。

警察予備隊の目的は武装化によって朝鮮戦争の治安維持である。
その治安維持に日本の旧軍人が佐官として採用されていく。
組織は「軍隊化」していく。

以上、簡単に警察予備隊のあらましを書いたが、
自衛隊の発端がマッカーサーの指示である警察予備隊であれば、その延長の自衛隊が「米国」を守るのは当たり前ではないか、と私には見える。

そして、現在の自衛隊もけなげにもアメリカ軍の意向を先読みして動いているそうだ。

人民はこの「米国を守る日本の軍隊である自衛隊」は「違憲」である、ということから出発すべきではないか。

さらに言えば

様々な解釈があるけど、常識的に日本国憲法第9条を読むと、当然「集団的自衛権」を引き出すような根拠に当たる条文はないし、もっといえば「個別的自衛権」そのものも引き出すのはむつかしい。
第9条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

この条文から「自衛権」(個別、集団にかかわらず)を引き出すのは相当な「力業」を必要としないか。

常識的に読めば
人民の政府への戦争を禁じる法であり、戦争を想定した「戦力」(軍隊に限らず法律もだ)を政府は持つな、と人民は「命令」しているのである、としか私には読めない。解釈以前の日本語力の問題だ。

ようやく俺の謎が解けた。憲法第9条はそもそも自衛権すら認めていないのだ。
そして、自衛隊の発端が警察予備隊というマッカーサーの指示による子分組織だから、自衛隊がアメリカ帝国主義のために戦えるような法を日本政府が整備するのは歴史的必然ではないかと私には見える。

「交戦権」とは重要なキーワードだ。ということは「中国脅威論」を政府から発表しているその状態も「交戦」ではないのか?「違憲」である。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中