官製デモの仕掛け人・野間易通の華麗な反動的な運動

野間易通は、官製デモの仕掛け人でしょうね。確たる根拠はないが。まあ、僕の自称・野蛮な知性(自分で言うか!)が推測する。
まずは、野間の行ったデモの検証を簡単に行う。

脱原発デモ  このデモの影響は民主党の悪イメージを大衆に植えつけただけ。
ヘイトスピーチ反対デモ これは日本の最大のヘイトスピーカーである安倍晋三のヘイトをまるで在特会という小物が行っている影響であるかのように見せて、日本の権力層の差別性をひたすら隠す、ということを大衆に植えつけただけ。
SEALD’sデモ これは安倍の退陣をデモであるかのように見せる演出か若者のオルグ。

こんなところでしょうね。

常識的に考えれば高度管理社会の日本が、たかだか、デモごときで変革できたら、誰も苦労しない。

デモも必要だが、デモをデモ足らしめる「政治的戦略」が官製にあれば、なんのためのデモなのか?

野間を官製デモ仕掛け人という推測ですがね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中