労働ニュース 首相、UAゼンセン会長と公邸で会談

安倍晋三首相が26日夜、日本労働組合総連合会(連合)傘下最大の産業別組合「UAゼンセン」の逢見直人会長と公邸で会談していたことが27日、分かった。逢見氏は次期連合事務局長への就任が内定しており、経済政策「アベノミクス」への協力を求めたもようだ。民主党の支持団体の連合を民間労組と公務員労組に分断する狙いもありそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150627-00000557-san-pol

ゼンセンは労働者階級が倒すべき「階級敵」である。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 社会思想へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中